入浴できるアート。直島銭湯、I love 湯:直島


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回は瀬戸内海は香川県、直島(なおしま)についてです。アートの島として、かなり有名な離島なので知っている人も多いと思います。

 

naoshima_map

 

こちらが直島のおおまかな地図です。ちなみに直島は香川県に所属する島ですが、岡山県の方が距離的には近いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

瀬戸内海は個人的に非常に好きなエリアです。離島といったら、国内で一番人気のエリアは間違いなく南西諸島ですが、私は南西諸島より瀬戸内海の島々が好きかも知れません。

 

散らばるように浮かぶ大小様々な島々と、そして荒れることの少ない穏やかな海。

 

瀬戸内海にいると妙に安心するのは、そこがやはり中国地方と四国地方に挟まれた、安定した内海だからでしょう。本土四島の周囲の外海とは違ってとにかく優しい。

 

本土との距離の近さは、アクセスの良さにつながり、旅程の面でも安心感を持つことができます。また南西諸島などは、それぞれの島が海に隔てられた、文字通りの「離島」ですが、瀬戸内海に関しては、島と島との距離が非常に近く、すぐに隣の島に行けたりします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

直島は、ご存知の通り、アートの島として世界的にも有名です。

 

香川県が主催している、瀬戸内海の島々を舞台にしたアートのお祭り、「瀬戸内国際芸術祭」をご存知の方も多いのではないでしょうか?

(瀬戸内国際芸術祭はこれまでに2010年、2013年に開かれており、次回は2016年を予定されていますね。3年ごとに定期的に開催されるようです・・・すごい!)

 

直島は、芸術祭においても中心的な役割を果たしています。

 

ベネッセアートサイト、地中美術館、そして港にある「カボチャ」など見るべきところは多いのですが、この記事では、入浴できるアート、「直島銭湯」について書きます。

 

e0188962_18332370

こんな銭湯です。本当に変わった外見ですよね!・・笑

 

11066062_1934996724_114large

もう少し近くでみると、こんな感じです。非常にカラフルです。

 

11066062_1651484485_109large

 

入り口をもう好き近くで見てみます。写真のおいて扉の右側の方に、ハートマークが描いてあるのが分かりますでしょうか?

 

直島銭湯にはサブタイトル(?)がついていまして、直島銭湯 「I ♥湯(アイラブユ)」というのです。

なんともシュールな名前ですね。

そういう訳でハートマークが描いてあります笑

 

この直島銭湯、アートの島である直島を象徴するものの一つとして、島民の皆様、そして島を訪れる人々の交流の場として設けられたものです。

 

アートの島だけあって、芸術的な銭湯が作られることになりました。というか、これは島では銭湯ではなく、芸術作品という扱いらしいです。まさに「入浴できるアート」なのですね。

 

場所は島の西側の宮之浦港から近く、入浴料は500円ですね。

 

 

11066062_808907286_76large

 

11066062_951361933_190large

 

中に入るとこんな感じです。外装だけでなく、もちろん内装も凝っています。入浴場に行く扉の端のステンドグラスとか、非常にいい感じです。

 

a001_img_004

 

 

pop_a1_pi03

 

中もちらっと紹介します。

 

全体的に真っ白な入浴場。男湯と女湯を仕切る壁の上には、なんと巨大な象が!! もちろん作り物です。

 

そして壁には、海女(あま)が漁をしている姿が描かれています。

 

写真では分かりにくかも知れませんが、浴槽の底にもやはり絵が描かれています・・・細かいところまで丁寧に作られています。

 

そして入浴場には、南国風のなんともユルいBGMが常時流れているのですね。

 

一回入ってしまうと独特な世界観に魅了されて、しばらく銭湯から出たくなくなること、請け合いです。私は直島に行く度に、必ず直島銭湯に寄ってしまいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ちなみにこの入浴場をデザインしたのは、この人、大竹伸朗(おおたけしんろう)さんという人です。現代芸術で世界的にも有名な方です。

 

Unknown
どことなく少し危険な香りが出ていて、そして魅力的な御仁ですね。

 

アートをやるような人は得てして、どこかアウトローな雰囲気をお持ちです。この人も例の漏れず。

 

実は、私は大竹さんの講演を間近で聴いたことがあります。

その時は「道を歩いているだけで職務質問をよくされる」というエピソードを本人は語っていらっしゃいました。

なかなか衝撃的なエピソードですが・・・常識を離れたアートをやるためには、やはりアウトローなところがなければならないようです。

 

 

 

離島ナビ

ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)