煙突が絶景!!廃墟アートの秘境・犬島精錬所!!


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回は岡山県の犬島(いぬしま)についてです。

 

とても小さな離島で、知名度もそれほど高くないので、ご存知ない方も多いかも知れません。

 

実は犬島は、瀬戸内国際芸術祭の舞台となっている離島の一つです。

 

inusima

こんな島です。犬島の周りには小さな島々が広がっています。

 

access_kouiki_map
範囲の広い地図で見ると、こんな位置取りです。香川県の豊島の北ですね。

 

瀬戸内国際芸術祭は、ほとんどが香川県の離島が舞台となっているのですが、ただ一島、岡山県から犬島が参加しています。

 

なぜなら犬島には、犬島精錬所美術館という、とても面白い美術館があるからです。

 

11066062_1373885309_107large

 

私は、高速船に乗って、豊島から犬島に入りましたが、それ以外に岡山県の宝伝港から入る方法もあります。

 

http://guesthouse-hostel.com/okayama-to-inujima/;

→詳しい犬島へのアクセス方法

 

 

11066062_1373885296_254large

 

美術館の入り口です。錆びた看板がいい味を出しています。廃墟の香りがたっぷり・・・笑

 

犬島「精錬所」美術館という名前の由来は、ここにかつて銅の精錬所があったからなのですね。

 

精錬所は、銅の価格の暴落などもあり、1925年には創業停止になりました。精錬所の跡地を、今では美術館として利用しているのです。

 

11066062_1373885293_215large

 

11066062_1373885267_39large

 

 

うーん、廃墟っぽさが全体から滲み出ています。

 

ジブリのラピュタみたい。

 

 

11066062_1373885276_207large

 

この塔を見てください! ただの塔なのに、何ともアーティスティックな味わい。青空とのコントラストが最高です。

 

 

11066062_1373885262_124large

 

塔の下に広がるのは、銅の精錬に使う電気を生産する、発電所でした。こちらは、犬島で偶然知り合った人と記念に撮らせていただいた写真です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

美術館の外側はこういった感じなのですが、犬島美術館は、内側こそが見ものです。

 

ネタバレになると申し訳ないので、「合わせ鏡を使った、通路のどこからでも外の景色が見えるアート」とだけ、伝えておきます。是非、犬島美術館へと足を運び、ご自身でご覧ください!

 

 

11066062_1373885251_68large

 

こちらは、犬島の集落の景色です。犬島は全体的にのどかな風景が広がり、歩いていると本当に心が癒される離島です。美術館を堪能した後は、是非島を散策してみましょう。

 

11066062_1373885227_215large

 

高速船で島を離れる時の景色が、また良いですね。精錬所美術館の、高い塔が船の上からも見えます。犬島、また会う日まで。

 

ベネッセアートサイト:犬島精錬所美術館

&http://www.benesse-artsite.jp/seirensho/;

 

さあ、島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)