秘境!!戦艦陸奥の沈没した海:周防大島


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、瀬戸内海は山口県、周防大島(すおうおおしま)について取り上げたいと思います。

 

img_3

http://blogs.yahoo.co.jp/shibagontatetsuya0119/52396309.html

 

周防大島は、別の名を屋代島(やしろじま)とも言います。

また現地では単に「大島」と呼んだりするようです(本当に大島という名前は、全国に何島あるのでしょうね)。

 

周防大島は西部に橋が現在は架けられていて、山口本土と繋がれています。

だから完全に、「離島」という訳ではありません。

 

またかなり大きな離島で、瀬戸内海では淡路島、小豆島に次いで、三番目の大きさです。

人口は約二万人もいます。

 

周防大島の東には、「陸奥記念館」という記念館があります。

 

これは、周防大島の沖で謎の沈没事故を起こした、戦艦陸奥の遺品を展示している記念館なのです。

 

戦艦陸奥は、1943年の6月8日に、突然謎の沈没を遂げました。

 

理由は、現在でも解明されていません。外国のスパイ説や、粗雑に扱われていた水兵の仕返しであるとか言われていますが、詳しいことは分かっていないようです。

 

当時の最先端の技術を盛り込んで造られた戦艦陸奥が、外洋へと出ることもなく、瀬戸内海で沈没したことは非常に残念なことだと思います。 死者も1000人以上に及んだようです。

 

hashirajima_1_s
http://matome.naver.jp/odai/2142657994752265701

 

赤いバツ印が沈没地点。本当に周防大島のすぐ沖で沈んだのですね。

 

11066062_2107834470_26large

 

周防大島へのアクセス方法としては、山口から橋を渡って入る方法もありますが、松山の三津港というところから、フェリーが出ています。

 

私はこのルートで島に入りました。瀬戸内海の多島海を渡って入るので、爽快です。

やはり島旅は、海を通っていくべきですよね・・・笑

(船に乗って海を渡った方がいい理由について書いた記事です)

http://ritou-navi.com/?p=348
11066062_2107834448_49large

 

フェリーが着いた港からそう遠くない位置に、陸奥記念館はあります。

 

11066062_2107834463_102large

 

11066062_2107834454_141large

 

船員たちの遺品です。こんなことを言うと不謹慎なのですが、長らく海の中に放置されていたことで、不思議なアンティーク感を醸し出しています。

 

海の時間の流れが染み込んだ、魅力のあるアート作品のようです。

海が作ったアート。

 

11066062_2107834452_240large

 

戦艦陸奥は、戦後1947年に一度海中からの引き揚げが試みられたのですが、一度断念されました。

 

1970年に、遺族の意向もあって再度引き揚げが行われ、艦体の70%が引き揚げられました。

 

11066062_2107834450_199large

 

11066062_2107834449_128large

 

意外なことに、戦艦陸奥の製造に使われた鉄は、「陸奥鉄」と呼ばれ、現在でも重宝されています。

 

2011年の東日本大震災後に、陸奥鉄は活躍の機会を得ました。

魚が含んでいる放射性物質の量を正確に測定するための機械を作るためです。

 

陸奥鉄は放射能物質を一切含んでいないのです。普通の製造過程で造られた鉄は、微量の放射性物質を含んでいるらしいので、珍しい鉄なのですね。戦前に作られていることが理由のようです。

 

放射性物質を含まない陸奥鉄は、放射性物質の量を正確に測るのに適していました。

 

戦艦陸奥は、現在において、想定外の新しい役割は得ました。

 

戦前と戦後の日本を繋ぐ、奇跡の船。それが戦艦陸奥なのかも知れません。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/08/0815.html (「陸奥鉄」についての、詳しい記事です)

 

周防大島へ行った際は、是非「陸奥記念館」に足を運んでみてください。

 

よろしければ、いいね!をおねがいします。

 

さあ、島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)