絶景!!慶良間諸島国立公園となった、かつての集団自決の舞台・渡嘉敷島!!


 

 

こんにちは、ドクターリトーです!!

 

今回の記事では、沖縄県の慶良間諸島、渡嘉敷島(とかしきじま)について取り上げたいと思います。

 

kerama_map
http://www.rts21.co.jp/tour_options/view/kaisuiyoku

 

 

慶良間諸島は沖縄海岸国定公園から外れ、2014年に慶良間諸島国立公園として、国立公園の一つとなりました。

 

ザトウクジラの繁殖地であること、そして世界でも有数の美しい海(ケラマブルー)を持っていることが、その理由です。

おめでとうございます!!

 

11066062_2052228634_148large

 

渡嘉敷島は、慶良間諸島の中では、最も大きな離島で、人口も多いほうです(700人程度)。

 

島全体は山がちなのですが、三つの集落が平地に作られています。

 

写真は、渡嘉敷集落ですね。

 

移動に関しては、山がちで道も細いので、自動車よりも小回りのきくレンタバイクがおすすめです!!

 

 

tokashikim2
http://www.okinawainfo.net/kerama/tokashikij.htm

 

 

11066062_2052228649_55large

 

こちらは、渡嘉敷集落とは島の反対側の渡嘉志久(とかしく)ビーチ!

 

湾内に広がるアクアブルー!! 秘境の、絶景ビーチです!!

 

11066062_2052228646_165large

 

言葉が出ない・・・。ここに立って海を眺めると、本当に感動しました。

 

 

11066062_2052228631_249large

 

海の中まで敷いてある道路。海の中への竜宮城へと、誘っているのでしょうか?

 

11066062_2052228637_143large

 

島の南端にある、阿波連展望所へ行くと、また別の魅力ある風景が広がっています。

 

ここは、風の気持ちよいところです。

 

岩場の多い海岸と、丘陵地です。

 

ビーチも丘陵地も含め、本当にどこまでも美しいのが、渡嘉敷島です。

 

11066062_2052228653_172large

 

沖縄の離島では珍しく、渡嘉敷島には水田もあります。

 

本土においても離島で水田は珍しかったりするので、沖縄ではなおさらです。さとうきびではなく、水田なのですね。

 

そういえば、渡嘉敷島では、ついにさとうきび畑を見かけませんでした。

 

美しいビーチといい、お米といい、本当に個性的な離島です。

 

caption

 

ただ、ここ渡嘉敷島には、美しい風景に似合わず、悲惨な歴史も持っています。

 

時は第二次世界大戦中、1945年3月。

 

アメリカ軍は沖縄攻略の足がかりとして、西隣にある慶良間諸島を襲撃しました。

 

アメリカ軍の急な襲撃に、戦力において敵わない日本はどうすることもできず、ついに民間人を含めて集団自決をすることになったのでした。

 

手榴弾なども使用し、壮絶な光景が広がったと言います。

 

犠牲者の数は346人! 毎年自決があった3月28日に、慰霊祭が行われます。

 

慰霊祭は、上の写真の、白玉の塔の前で執り行われるのです。

 

 

渡嘉敷島を訪れる時には、ケラマブルーの美しいビーチと展望台からの眺めを楽しむと共に、是非集団自決の犠牲者たちの無念に思いを馳せ、祈って差し上げるとよろしいかと思います。

 

沖縄本当からも、非常にアクセスのよい離島です。

 

泊港(とまりこう)から、フェリーで約1時間、高速船で30分程度です。

 

渡嘉敷島へのアクセスの詳細です。 
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/ferry/time 

 

 

さあ、島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)