名門大洋フェリー、新造船!フェリーおおさかⅡ 9月16日就航!!


 

こんにちは、ドクターリトーです!!

 

今回の記事では、名門大洋フェリーについて扱いたいと思います。

 

名門大洋フェリーと言えば、北九州の門司と大阪港をつなぐフェリー。

 

ほぼ瀬戸内海を貫通しているようなフェリーです。瀬戸内海を移動する上で、非常に便利な交通手段です。

 

IMG_2836

 

これが、名門大洋フェリーの外観ですね。白と青のコントラストが非常に美しいです。

 

日本のフェリーは全国、こういう色調のものが多い気がしますが・・・。

 

実は今朝新聞に載っていて驚いたのですが、名門大洋フェリーが新しい船を導入したらしいです。

 

そして、本日9月16日就航なのだとか!!

 

名前は、フェリーおおさかⅡ

 

なんと、一隻で60億円!!新造船に要したというから、驚きです。

 

名門大洋フェリーのHPの情報によると、これまでの名門大洋フェリーの船よりも大きく、そして客室が洗練されているようです。WiFiも使えるようになったとか。

 

詳しくは、是非HPを確認してみてくださいませ。
http://www.cityline.co.jp/new_ferry/campaign/ 

 

一体どのような船なのか、是非乗ってみたいですね。

今なら簡単なクイズに答えると、船旅に招待してもらえるようです(HPに詳細載っています)。

 

11月には、同じく新船、フェリーきたきゅうしゅうⅡも運行されるようです。

 

名門大洋フェリーは、瀬戸内海を貫通しているので、瀬戸内海の三つの大きな橋。

 

来島海峡大橋瀬戸大橋、そして明石海峡大橋の下を通過します。これはこのフェリーのウリの一つなんですね。

 

北九州、門司側から乗ると、ちょうど朝方に明石海峡を通過することになり、非常に美しい光景を目にすることができます。

 

IMG_2838

 

まだ明けやらぬ朝方。海が朝焼けでオレンジ色に染められています。

 

 

IMG_2839

 

この朝と夜の間の時刻にしか見ることができない、朝の海の絶景!!

 

IMG_2840

 

朝の太陽が、眩しいです!!

 

 

IMG_2842

 

そしていつしか朝がやってきました。

 

釣りの小舟がたくさん浮かぶ明石海峡大橋を通過します。

 

フェリーに乗る楽しみの大きな部分は、やはり海を眺める楽しみなのですよね。普段生活していると、なかなか海をじっくりと見る機会はないですし、そして海の上で生活をするというのも非日常の経験です。

 

その期待に、名門大洋フェリーは裏切ることなく答えてくれます。

 

11066062_589955833_12large

 

ちなみに、大阪から出発した場合(すなわち夜明石海峡を通った場合)は、明石海峡大橋は美しくライトアップされています。これもまた見もの。

 

海の日は青、紅葉の季節はオレンジ、冬は赤といったように、時節に合わせてライトアップの光の色は変わるようです。そういう点でも、是非見たいものですね。

 

 

名門大洋フェリー、是非乗ってみてくださいませ!!
http://www.cityline.co.jp/terminal/terminal.html (HPです)

 

全国の秘島、離島を紹介しています!!

ritou-navi.com(離島ナビ)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)