離島医療・ドクターコトーのモデル、甑島(こしきしま)の瀬戸上先生!


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、いよいよドクターリトーの本家、ドクターコトーについて取り上げてみたいと思います。

 

本家のドクターコトーについては、扱わないといけないなーと思っていました・・・笑

 

ドクターコトーといえば、離島医療をテーマにしたテレビドラマとして有名ですが、実は、実際にモデルになった人物がいるんですよ。

 

それは、瀬戸上健二郎(せとうえけんじろう)という医師です。

 

瀬戸上先生が住んでいるのは、鹿児島県は甑島(こしきしま)。難しい漢字なのですが、「こしきしま」と読みます。

 

あまり有名な島でなく、場所も鹿児島本土の西海という、辺鄙なところにあります。

 

map1
http://www.geocities.jp/cnkrs800/koshiki.html

 

赤い丸で囲まれているのが、甑島。まさに、ザ・離島といった島です。

 

img_0
http://blogs.yahoo.co.jp/fmvbiblo1976/53519077.html

 

 

大きな地図で眺めると、こんな地勢です。一口に甑島といっても、上甑島中甑島、そして下甑島の三つの島から成ります。

 

そして瀬戸上先生がいらっしゃるのは、下甑島であるそうです。

 

ドラマ版のドクターコトーだと、志木那島という架空の離島が舞台となっていて、沖縄の与那国島をモデルにしているのですが、元々の原作、漫画版のドクターコトーでは、古志木島という、まさしく甑島を当て字にした架空の離島を舞台にしています。

 

ドラマ版だと、亜熱帯の離島が舞台なのですが、漫画版だと温帯の本土っぽい離島が舞台。

 

なので、ドラマ版と漫画版だと、印象が全然違うみたいですね。私は漫画版の方は読んでません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

瀬戸上先生は、もともとは鹿児島大学の医学部出身で、非常に有能な外科医でいらっしゃいますが、医師不足の甑島に一年ほど駐在する予定が、離島医療にひきこまれ、30年近く甑島の医療を担うことになったそうです。

 

詳しいことは、瀬戸上先生の著書、「Dr.コトーのモデル Dr.瀬戸上の離島診療所日記」という本に全て書かれています。

 

Unknown

 

こんな本です。是非読んでみてください!!

 

この本を読む限りは、神のような人物であるのだと思われます。もちろん皮肉ではなく。

 

瀬戸上先生にとっては、離島医療とは単なるテクニックや問題ではなく、もはや求道の域に入っているような印象を受けました。

 

私は医学についてほとんど何も知らないのですが、離島医療というのは、オーソドックスに何でもできなくては務まらないのですね。

 

なぜなら本土の病院では、内科、外科と分野ごとに医師を確保することができますが、離島だと一人で全ての分野を取り持つことになるからです。

 

これが、非常に難しいところなのだと思います。

 

難しい患者がでたらすぐに本土の病院に送るのではなく、離島で医療を完結させることを目指すとするなら、ほとんど超人的な能力を必要とするでしょう。

 

それは、Dr.コトーのコトー先生を見れば分かると思います。

 

離島において、医療の問題は、常に問題にされていまして、医者が確保できないために離島から人離れが進むことは、とてもよくありふれたことなのですね。

 

よく離島に橋をかけようという運動が起こるのですが、それは経済の問題というより、医療の問題の面が大きいようです。

 

本土から近い離島だと船を出せばすぐにように思われるのですが、嵐で船やヘリコプターが出せない時に急患が出ると、ストレートに人命にかかわる問題に発展してしまうようです。

 

橋があれば天候が悪い時にも車で搬送できるということですね!

 

しかし日本の離島のうち、架橋ができるのはごくわずかで、大半の島は本土からは離れています。

 

だからこそ、離島医療というものが必要になってくるのですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

甑島についても少しだけ紹介したいと思います。私は行ったことがないのですが、知人が美しい写真を撮ってきてくれました。

 

11943387_812688468828676_1062380517_n

 

 

これが、甑島に向かう高速船甑島。平成26年に新調された、新しい船のようです。

 

11909844_812688515495338_1235647710_n

 

これが、上甑島の、長目の浜。「ながめ」の浜というだけあって、眺めも良いようです・・・笑

 

京都の天橋立のように砂州が伸びていて、内側は湖のようになっています。絶景ですね。

 

11923071_812688722161984_1692087826_n

 

磯の方にも美しい風景が続くようです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

離島医療については、また改めて取り上げてみたいと思います。

 

瀬戸上先生の本は是非読んでみてください! そしてドクターコトーも是非観てくださいね。

 

さあ、島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)