クジラ展望台、ウミガメセンター。小笠原の中心、父島のスポット特集!!


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、小笠原諸島、父島(ちちじま)のスポットについて、少々書いていきたいと思います。

 

images

 

父島は、小笠原諸島の中心的な島です。小笠原諸島において人が住んでいる離島は、父島、母島の2島のみ。両島合わせて2500人。そのうち約2000人が、父島に住んでいます。つまり、父島には、小笠原の人口の大半が集まっています。

 

そういう訳で、街並みもかなり都会風です。

 

IMG_9967

 

メインストリートですが、こんな感じです。道もかなり広いし、よく整備されています。中心街に行くと、飲み屋や宿泊施設、土産物屋など、ある程度あります。マンションなど、集合住宅も父島には多いです。

 

東京都内から1000キロ離れた南の島とは思えないほど、都会なのが父島なのです。これは実際に父島に行けば、よく分かると思います。

 

Unknown

 

そして、こちらは船が着く二見港(ふたみこう)から近くにある、小笠原ビジターセンター。

 

小笠原諸島の自然、歴史など、観光客向けに分かりやすく説明してくれます。

 

Unknown-1

 

中はこんな様子です。私が訪れた時は、ザトウクジラの展示がされていました。

 

さて、父島は街は都会風ですが、世界自然遺産だけあって、少し街を離れると、大自然が広がります。

 

IMG_9989

 

こちらは、父島の北側にある、ウェザーステーション展望台。クジラ展望台です。

 

ここから、父島付近にやってくる、ザトウクジラをホエールウォッチングすることができます。冬から春先にかけて、ザトウクジラが北の海から出産子育てをするために小笠原の海にやってくるので、たくさんのクジラを見ることができます。それもほぼ100パーセントの確率で。

 

尾びれが見えたり、クジラの吐いた息もクリアに見ることができます。私はくじらが海を飛び跳ねる姿、おそらく初めて見ました!!

 

 

IMG_0079

 

こちらは、通称ウミガメセンターと言われる、海洋センター。二見港から少し南に下がったところにあります。こちらでウミガメを卵から育てたりしているようです。

 

IMG_0082

 

いろいろな種類のウミガメを観察することができます。こちらも是非行って欲しいところです。

 

 

IMG_9968

 

父島の街からすぐのところには、大神山(おおがみやま)という、小さな山があります。

 

IMG_9973

 

山に登ってみると、父島の街が一望できます。亜熱帯の離島の雰囲気を感じます。

 

IMG_9976

 

父島に来る時に乗船した、「ちちじま丸」も停泊しています。ちちじま丸は、東京に帰る便までここでずっと待機しています。つまり、一度父島に来ると、帰るまで島に缶詰ということですね。

 

IMG_0042

 

こちらは、島の南の方。中山峠展望台。

 

二見港周辺とは異なり、手付かずの海と山が広がります。人もいないので、父島が無人島だった頃の雰囲気を味わうなら、島の南に行くに限ります。

 

IMG_0064

 

父島には、この島にしかいない固有種も多いです。こちらの柵で覆われているのは、アカガシラカラスバトを保護するためです。

 

IMG_0063

 

こちらが、アカガシラカラスバト。カラフルな、非常に珍しいハトです。かつては父島にいなかった猫やヤギが野生化して、このハトを捕食し始めたため、柵をもうけて保護することになりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

実物は、こんな感じらしいです。

 

 

IMG_0083

 

父島名物といえば、こちら。島寿司です!!

 

島寿司は、醤油付けしたさわらを、わさびではなく、洋とうがらしでいただきます。とうがらしはわさびより鼻につんときて、これはくせになる食べ物です。

 

IMG_0084

 

小笠原観光協会のすぐそばに島寿司で有名な店があるので、是非寄ってみてください。

 

まだまだ父島には魅力がたくさんあるのですが、とりあえずこのあたりにしておきます。実際に父島に機会を見つけて行って、実際の様子を見てほしいと思います。

 

離島ナビ

ritou-navi.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)