絶景!!宇江城(うえグスク)跡、宇根の大ソテツ、・・・久米島の名所を巡る。


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、沖縄県の久米島(くめじま)について取り上げてみたいと思います。

 

 

pe_83_map

 

久米島は沖縄本島から西に100キロほど離れた海に位置します。

 

久米島は古くは、美島(くみしま)と呼ばれていました。「球美」とは、「琉球(沖縄)の美しい」という意味。つまり、沖縄で最も美しい離島であるとされてきたということです。それだけに「はての浜」を始めとして、名所はかなり多いです。

 

「はての浜」についてはこちらの記事をご覧ください。

http://ritou-navi.com/2016/04/06/まさにニライカナイの楽園!!%E3%80%80秘境・久米島の/ 

 

 

IMG_1446

 

久米島の観光名所を知りたいなら、こちらの久米島博物館を訪れましょう。

 

IMG_1448

 

なぜなら、博物館が作成してくれている便利なパンフレットがあるからです。「歴史散策」や「グスク巡り」など、数種類のパンフレットが用意されており非常に詳しく解説されています。ここまで手の込んだパンフレットを持つ島って、あるようでなかなかないです。これも久米島の歴史や文化の豊饒さを示していると言えるでしょう。

 

IMG_1455

 

こちらは「宇根の大ソテツ」。樹齢は250〜300年と言われ、高さは6メートル。琉球列島において最も大きいソテツの木らしいです。久米島の名家の庭にあるのですが、ソテツに関する記録はなく、よくわかっていないようです。

 

IMG_1453

 

見れば見るほど、迫力があるソテツ。あちこちが曲がりくねり、ヤマタノオロチのようにも見えます。

 

IMG_1452

 

IMG_1463

 

島の一周道路を港の方から東に進んでいくと、高架になっていきます。久米島は山がちな離島であるので、こんな道が必要になるようです。景色もよく、走っていて非常に爽快な道です。

 

IMG_1468

 

こちらは、「比屋定バンタ」。「バンタ」とは崖を意味する方言です。景色が良い休憩スポットです。

 

IMG_1471

 

久米島の海岸とそして海が見渡せます。天気が良ければ、さらに絶景が広がるでしょう。

 

IMG_1474

 

こちらは、久米島でも一押ししたいスポット。「宇江城(うえグスク)跡」です。大昔、この島の支配者が築いた城です。

 

IMG_1482

 

通路が整備されていて、城壁まで行くことができます。

 

IMG_1486

 

城壁の上からは絶景が望めます。宇江城からは、久米島の全てが見渡すことができるのですね。しかし、この高さに城を築いたとなると、水も運ばなければならないし、食料も麓から持ってこなくてはならない。非常に大変だったとは思います。

 

IMG_1488

 

琉球列島らしい、亜熱帯の森が広がります。

久米島にはもともと独立した支配者がいたのですが、沖縄本島の琉球王国に攻め込まれて王国に編入されてしまいました。宇江城は琉球王国に支配される前の豪族が築いた城です。久米島には本島とは異なる独特な雰囲気があるのは、本島とは違う文化を持っていたからでしょう。

 

IMG_1491

 

こちらは「おばけ坂」

 

IMG_1493

 

どう見ても下り坂に見えるのですが(見えますよね?)、実際は上り坂なんです。一種の錯視のようなものだとか。

実際に車をブレーキなしで放置すると、登り坂のはずなのに「下って」しまうのだとか。おばけの仕業にも思えるので「おばけ坂」。ここはかなり面白かったので、是非訪れてください。

 

 

IMG_1498

 

こちらもおすすめスポット。「上江洲家(うえずけ)住宅」。島の名家(地頭代)の家です。昔の沖縄らしさの濃厚に残っています。

 

IMG_1509

 

 

IMG_1504

 

他にも名所がまだまだ数多くあります。私も回りきることができなかったのでいずれまた行ってみたいです。奥の深い久米島、是非訪れてくださいませ。

 

離島ナビ

ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)