森の深い三陸リアスの秘島:気仙沼大島。


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、宮城県気仙沼の、気仙沼大島(けせんぬまおおしま)について扱いたいと思います。

 

Unknown

 

気仙沼大島は、宮城県の気仙沼港から行くことができる離島です。気仙沼大島は、気仙沼湾に浮かぶ島なので波もそれほど荒くなく、また船の所要時間もそれほどかかりません。実にアクセスが良く、訪問しやすい島であると思います。

 

IMG_2911

 

こんな船に乗って行きます。気仙沼港と大島を往復するこの船は、約1時間に1本。朝方などは40分に1本ペースで出るようです。便数も多いので、そういう意味でもアクセスが非常に良いですね!

 

IMG_2917

 

フェリーには車を積むことができます。このフェリーの特徴は、なんと乗客が車から降りずに乗りっぱなしで良いことです(!) 超短距離フェリーならではの仕様ですね。

 

IMG_2919

 

大島が近づいてきました! 静かそうな、美しい島です。

 

IMG_2925

 

船から降り、しばらく降りると、不思議なゆるキャラが出迎えてくれます。

 

IMG_2926

 

「波来の地」

東日本大震災で波が到達した地点のようです。これが結構大島の内陸部の方なんです(!)改めて、津波の恐ろしさを思い知ります。

 

IMG_2929

 

島内を亀山展望台(気仙沼大島の絶景スポット)へ向けて、ぶらぶらと歩いていきます。離島とは思えないほど、深い森の広がっています。

 

IMG_2935

 

こちらは、大島神社。1000年の長い歴史を持っているそうです。

 

IMG_2939

 

当時東北地方に勢力のあった蝦夷を大和朝廷が平定しましたが、蝦夷の帰依と平安を祈って創建されたのがこの大島神社だそうです。東北地方は元々アイヌ系民族の土地であったことが思い起こされます。

 

IMG_2947

 

こちらが亀山展望台。雨が降っていたので、霧で景色はあまり見ることができませんでした。残念!!

 

IMG_2952

 

少々霧がかかっていますが、山の中腹からは、対岸の本土を見渡すことができます。実に美しい景色です。

 

この他、海水浴場などもあり夏は賑わうのだとか。もう一度訪れてみたいと思う離島でした。

 

詳しくは、公式HPも御覧ください

http://oshima-kanko.jp/index.html 

 

離島ナビ

ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)