空から眺める八重山諸島シリーズ。サンゴ礁と海が美しい島々。


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、「空から眺める八重山諸島」について扱いたいと思います。特定の離島の紹介ではなく、飛行機からの空撮写真を取り上げますので、普段とは少々趣向の異なると思います。

 

 

日本の南西の端に位置する八重山諸島には、石垣島、西表島、波照間島・・・など様々な島がありますが、その中でも日本最先端の与那国島(よなぐにじま)は、かなり離れた場所に位置します。

 

 

yaeyamaislands

 

石垣島から与那国島へはフェリーも就航しているのですが、この船は所要時間も長く(4時間)、かなり揺れると聞いていたので、船酔いに弱い私はプロペラ機に搭乗することにしました。

 

IMG_5152

 

こんなプロペラ機です。見ての通り非常に小さく、乗客は20人足らず程度。

このプロペラ機に乗ると、図らずも八重山の美しい島々を空の上から見渡すという僥倖に預かることになったのでした。

 

IMG_5153

 

まず眼下に現れるのは、空港のある石垣島の景色。一面に畑が広がっていて、サンゴ礁の青い海もくっきりと見渡せます。

 

IMG_5155

 

飛行機が空を進むにつれて、八重山の他の島も視界に入るようになります。写真の右上部に見えるのは、有名な竹富島(たけとみじま)

赤瓦の民家の立ち並ぶ、小さな島です。

 

IMG_5156

 

こちらに見えるのは、小浜島(こはまじま)。かなり昔になりますが、朝ドラのちゅらさんの舞台になった島です。

 

ちなみに手前に見える何もない島は、嘉弥真島(かやまじま)と言います。無人島です。昔は人が住んでいたらしいですが。それにしてもエメラルド色のサンゴ礁の浅瀬が美しいですね。

 

IMG_5157

 

こちらは新城島(あらぐすくしま)。離れているので、「パナリ」とも言います。定期航路がないので、訪れるにはツアーに申し込む他ありません。私もまだ行ったことはないんです。

 

 

IMG_5158

 

飛行機がさらに西に進むと、他の島々とは一風変わった西表島が見えるようになります。深い亜熱帯のジャングルに覆われている島であることがよく分かります。

 

IMG_5507

 

太い川も見えます。こちらは浦内川(うらうちかわ)という沖縄最大の河川。川の両岸にはマングローブ林が茂り、日本離れした景観を作り出しています。浦内川を遡るツアーもあるので、参加おすすめ。

 

IMG_5163

 

飛行機がさらに進むと、とうとう与那国島の景色が見えてきました。こちらは与那国島の東崎(ひがしさき)。与那国馬が放牧されている牧場が広がっています。

 

IMG_5501

 

こちらは、帰りの便の写真ですが、与那国島の全貌がよくわかります。海岸には石灰質の崖が広がり、ビーチは見当たりません。

 

IMG_5511

 

あまりにも美しい、空から眺めた八重山の島々の景色。地上にて観光するのも良いのですが、空から眺める景色はまた違うものです。この景色を眺めるためだけでも、石垣ー与那国便に乗る価値はあるなあと、私は思いました。

 

離島ナビ

ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)