アヤミハビル館。与那国島固有の世界最大の蛾について知ろう!!


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、与那国島が誇る、世界最大サイズの蛾(ガ)である、アヤミハビルについて取り上げたいと思います。

 

o0500037510690835045
http://ameblo.jp/attacus/entry-10618267095.html

 

こちらが、アヤミハビル。別名をヨナグニサンといいます(与那国島の蛾なので)。

 

そばの葉っぱのサイズと比べると、いかに巨大な蛾であるかが窺い知れるのではないでしょうか。

それにしても美しい図柄です。羽の端は顔のようにも見えますが、これは蛇を真似た一種の擬態で、捕食されるのを防ぐ効果があるようです。

私は基本的に蛾が苦手なたちですが、このアヤミハビルは受け入れられそうに思えます。

 

そしてこのアヤミハビルは、ゴジラシリーズの「モスラ」のモデルにされているというから驚きです。さすが世界最大の蛾。

 

IMG_5358

 

アヤミハビルを知るなら、こちらです。アヤミハビル館。

アヤミハビルをはじめ、与那国島の様々な生物について展示がされている便利な施設です。場所は島中央部の祖納集落から南に行ったところにあります。かなり山の中。

このアヤミハビル館の付近は、実際に島内でもアヤミハビルの生息数が極めて多い場所だそうです。

 

IMG_5359

 

入り口にアヤミハビルの絵画がかけられています。アヤミハビル、ヨナグニウマ、そして伝統芸能の踊り。三つとも与那国島を象徴するものです。

 

IMG_5373

 

アヤミハビルの標本。他の昆虫たちと比べても、やはりでかい。

 

IMG_5367

 

世界のアヤミハビルの仲間たち。与那国島から南方にかけて、同じような蛾が生息しているようです。

 

IMG_5365

 

アヤミハビルの由来の説明。「アヤ」は綾。「ハビル」は蝶。

蛾なのに蝶らしいです。まあ蛾と蝶の境目って、実に微妙らしいですが。羽をたたんで休む蛾もいるし、昼に活動する蛾もいるらしいです。

 

IMG_5372

 

「あやみはびる買います」という、明治時代の広告です。

 

あやみはびるはその美しさから、捕まえてくれば売ることができたらしいです。まるで現代のカブトムシのような扱いです。

 

IMG_5361

 

島の子供たちの、アヤミハビル観察日記。

 

IMG_5362

 

ヨナグニサンが、ヨナグニ「さん」になっているのが、微笑ましいところではあります。ヨナグニさんって、人なのかな。

 

 

アヤミハビル館は、冷房もよくきいていて、暑い与那国島でもほっとできるスポットでもあります。是非足を伸ばしてみてください。

 

離島ナビ

http://ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)