与那国島闘牛大会!!ついでに闘「ヤギ」大会も併催。


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、与那国島の闘牛大会について取り上げてみたいと思います。

 

南西諸島というのは、闘牛の盛んな地域でして、与那国島からはかなり遠いですが、奄美群島の徳之島でも闘牛が盛んだったりします。

 

私が与那国島を訪れた際、タイミングよく「国際カジキ釣り大会」という島の一大イベントの開催日に当たり、闘牛大会も行われていたので観戦することにしました。

 

IMG_5238

 

与那国島の闘牛場は、与那国島の中心である祖納集落からほど近いところにあります。そしてこちらが闘牛場でもらったパンフレット。タイトル決定戦もあるようです。

 

IMG_5228

 

闘牛大会のはずですが、なんと最初に行われたのは、闘「ヤギ」大会。山羊らしいです。闘ヤギ大会は、闘牛大会の前座試合扱いのようです。ボクシングなのか、これは。

 

闘牛用の柵では広すぎるので、小さな金属の檻を設置してその中で闘わせます。小さい割に闘争心は強いようで、意外と見応えがあります。

 

IMG_5230

 

黒ヤギと白ヤギなので、非常に分かりやすい。勝ったのは白ヤギのようでした。

 

IMG_5232

 

闘山羊大会が終了し、いよいよ闘牛大会に突入です。

牛はサイズがかなり大きく、見応えがあります。牛たちは角を激しく突き合わせ、闘いは膠着状態に陥っていました。

 

IMG_5234

 

砂ぼこりが巻き上がる激しい闘い。牛たちのすぐ近くで、牛飼いの人たちが拳を振り上げ大きな掛け声をかけて、牛たちを励ましています。

 

かなり危険だと思うのですが、私にはポケットモンスターに指示を出すポケモントレーナーという風にも見受けられました(妙な例えですかね)。

 

IMG_5237

 

闘いに見事勝利し、優勝旗をかぶせてもらう闘牛。

 

与那国島産の牛は、闘牛として評判が良いらしく、沖縄本島や、闘牛の本場の徳之島にも子牛が出荷されたりしているようです。島の広い牧場で育てると、強い牛に育つのだとか。

 

IMG_5241

 

実に見応えがある闘牛大会。力と力のぶつかり合いです。

 

もし与那国島に行かれた際見る機会があったら、是非ご覧ください。

 

 

離島ナビ

http://ritou-navi.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)