北方領土はすぐ間近!!根室半島・納沙布岬を「のさっぷ号」で観光する(その1)


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、根室半島の納沙布(のさっぷ)岬、そして北方領土について取り上げたいと思います。

 

私は、つい先日、納沙布岬を訪れました!

 

というのも、北方領土を一度自分で眺めてみたかったからです。

 

「北方領土」

 

学校の地理の授業とかニュースなどで、北方領土については度々耳にする機会はありますが、自分で見にいったという人は、なかなかいないのではないでしょうか。何しろ北方領土のある北海道の道東地域は、まさに日本の北東の端にあたり、訪れることも容易ではないからです。

 

map

 

一応北方領土について軽く触れておこうと思いますが、北方領土とは、日本の領土の内、第二次世界大戦の折にソビエト連邦に不法に占拠され、未だに返還されていない島々のことを指します。

 

具体的には、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四島のこと。択捉島は、沖縄本島の約3倍もの広さがある日本最大の離島であり、国後島も沖縄本島よりもひと回り大きい。歯舞群島は、水晶島、貝殻島、志発(しぼつ)島など、複数の島々から構成されています。

 

日本はソビエト連邦、そしてソビエト崩壊後はロシア連邦と幾度も返還交渉を試みていますが、いずれも成功していません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

IMG_6379

 

札幌駅から根室駅まで直行夜行バスがありまして、それに乗って、朝一で根室駅に到着しました。ようやく日本の東の端に位置する根室までやってきたのです!

 

IMG_6377_2

 

駅の構内には、アニメの広告が!! これは、北方領土の色丹島を舞台にしたアニメ「ジョバンニの島」です。私も昨年見ましたが、宮沢賢治の銀河鉄道の夜も上手く取り入れた名作でした。

 

ジョバンニの島については、是非こちらの記事を御覧ください。

http://ritou-navi.com/2015/10/25/北方領土・色丹島の戦後を扱った名作「ジョバン/

 

IMG_6378_2

 

納沙布岬だけでなく周辺スポットまで観光できる遊覧バス、「のさっぷ号」がちょうど運行しているシーズンだったので、お世話になることにしました。

 

IMG_6381_2

 

いよいよ納沙布観光の始まりです。わくわく。

 

IMG_6384

 

最初にバスが着いたのは、明治公園。昔は牧場だったらしく、公園内にはサイロが三つほど立ち並び、いかにも北海道らしい風貌を見せています。

 

IMG_6385_2

 

それにしても立派ですね。サイロの左側に人が写り込んでいますが、どれだけ大きいかが伝わるでしょうか。

 

IMG_6388

 

こちらは、日本最東端の郵便局。珸瑤瑁(ごまよう)郵便局という名前です。北海道には特殊で読みにくい地名が多いですが、その骨頂のような名前ですね笑。

 

IMG_6389_2

 

やがてバスは納沙布岬に到着。

本土の最東端の地へとやってきました。

 

この地から北方領土がすぐ近くに望めるはずなのですが、なんと霧が立ち込めていて何も見えない!!

北方領土の内、岬から最も近い貝殻島すら全く見えません。実に残念な限りでした。

 

実は釧路湿原から根室半島に至るまで、夏場は霧が立ち込めることが多く、視界が悪い日が多いようです。訪れることはもちろん難しく、そして見ることすら難しい北方領土!!

 

IMG_6390_2

 

水平線もよく見えません。

 

IMG_6391_2

 

しかし足元には、北方領土の地図がしっかりと描かれているので、位置関係ははっきりと分かります。

 

その2に続く。いよいよ本格的に納沙布岬を探検していきますよ!!

http://ritou-navi.com/2016/08/11/北方領土はすぐ間近!!根室半島・納沙布岬を「-2/

 

 

離島ナビ

http://ritou-navi.com