亜熱帯の楽園!!カルデラ内部と丸山を探検する:青ヶ島


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、青ヶ島のカルデラ内部(池の沢)の様子について取り上げたいと思います。

 

 

img_8363

 

青ヶ島のカルデラ内部は、池の沢と呼ばれます。青ヶ島の噴火前は、ここには大池と小池という二つの池があったことに由来するとか。

池の沢には中央に丸山がそびえ、そして一面が豊かな森に覆われています。ちょっと驚くほどの勢いのある森です。鬱蒼と植物たちが生い茂っています。

 

img_8359

 

つたのおびただしく絡んでいる樹々。

 

img_8419

 

こんな大根の葉っぱを大きくしたような不思議な植物も。

 

img_8415

 

この不思議な植物は、オオタニワタリというもの。亜熱帯性の植物です。実は絶滅危惧種に指定されているほど貴重な植物なのですが、ここ青ヶ島には嘘のようにわんさかと生育しています・・・笑

 

img_8353

 

青ヶ島の森は、もう亜熱帯の雰囲気で、実際に亜熱帯や熱帯(東南アジア)に見られる植物が多くありますが、青ヶ島の緯度は北緯32度。せいぜい宮崎県と同じくらいです。

 

青ヶ島の森が亜熱帯の様相を呈している理由は、青ヶ島の地形が特殊だからだそうです。カルデラ内部は、外輪山が周りを取り囲んでいるので風はおだやか。そしてカルデラ地形ゆえに霧が頻繁に立ち込め、湿度が非常に高いのです。

青ヶ島の地形が、この奇跡のパラダイスを作り出しているのでした。

 

img_8364

 

森の片隅で煙が!! これはもしや噴火かと思いきや・・・何か燃やしているだけのようでした。紛らわしいこと、この上ない。

 

 

img_8420

 

実は、カルデラの森の中には、所々畑が作られています。こちらは、サツマイモの畑。

 

img_8315

 

ビニールハウスの中でも、何かが育てられています。

 

サツマイモの畑でばったり出会った作業中の老人に話を聞いたところ、青ヶ島が人口が多かった頃や、戦後の食糧難の時代は、今は森に覆われているところも一面畑として開墾されていたそうです。そして人も住んでいたとか!(現在は、池の沢には人は住んでいず、北側の高台の上だけに集落があります)。当時の青ヶ島の様子をリアルタイムで眺めてみたい衝動に駆られました。

 

 

 

img_8425

 

カルデラ中央の丸山は、裾を散策することができます。丸山に登ってみると、こんな光景が見えます。青ヶ島の外輪山が綺麗に見渡せます。外輪山の淵までびっしりと樹々が生えていて、それは壮観なのです。

 

img_8428

 

丸山の山麓には、お富士様と呼ばれるスポットがあります。神社の鳥居が鎮座し、丸山が再び噴火しないように鎮めているそうです。

 

img_8431

 

鳥居の形をした不思議な鉄パイプも置かれています。このお富士様のおかげで、ここしばらくは丸山もおとなしくしているのかも知れません。

 

 

池の沢はまるでパラダイスのような秘境スポット。青ヶ島に来たならば是非探検してみてください。

 

離島ナビ

ritou-navi.com