漁村の古い街並が美しい、猫の楽園島!真鍋島(その2)


 

こんにちは。ドクターリトーです。

 

今回の記事では、笠岡諸島・真鍋島(まなべしま)の記事の続きを書きたいと思います。

前編はこちらの記事を。

http://ritou-navi.com/2016/10/18/漁村の古い街並が美しい、猫の楽園島!真鍋島(/

 

img_9549

 

何度眺めても感動的に風情のある、真鍋島の本浦集落。江戸時代の面影を残しているような感じです。

 

img_9550

 

小さな祠。このような場所にすら、歴史をうかがわせる。

 

img_9554

 

現役の小中学校の校舎。木造建築で、こちらもいい感じ。真鍋島、実に良い離島です!!

 

img_9552

 

そして港だけでなく、もちろん路地にも猫がちらほら。

 

img_9558

 

こういうのを、古語でチラリズムというのか。

 

img_9564

 

墓場にも猫の姿が。まるでジバニャン。といっても、真鍋島の墓地は開放的で、陰気くささは感じられないですが。

 

img_9583

 

img_9565

 

墓場のアイドル。

 

img_9575

 

せっかくなので、島の食堂に寄ってみました。

 

img_9571

 

漁業の島だけあって、刺身を注文すると、鯛のお造りが。尻尾がまだ痙攣していて、先ほどまで生きていたことが分かります。

 

img_9584

 

わずか2時間しか滞在できませんでしたが、満足できました。

 

img_9585

 

真鍋島。また行きたいなあと思います。実に良いところ。楽園島です。

 

離島ナビ

http://ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)