鹿児島に行ったら、24時間営業フェリーで桜島にも寄ろう。マグマ温泉。


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、鹿児島県の桜島(さくらじま)について書きたいと思います。

 

139339
http://find-travel.jp/article/2019

 

桜島と言えば、鹿児島市街からはいつも見える鹿児島のシンボル的存在です。近頃は噴火の危険性が言われていますが、温泉などの恵みももたらしています。

 

桜島は現在は大隈半島とつながっていますが、20世紀までは実際に「島」だったのです。知っていましたか?

詳しくはこちらの記事をご覧ください

http://ritou-navi.com/2015/08/06/桜島が島だった、最後の日:桜島/

 

img_0661

 

桜島は大隈半島とはつながっていますが、鹿児島市街とは海で隔てられています。鹿児島市街から桜島へ渡るには、こちらのフェリーに乗りましょう。

 

img_0679

 

桜島フェリーは非常に特殊なフェリーで、なんと24時間運行しているコンビニのようなフェリーなのです。

 

大都市鹿児島のすぐそばにある桜島だけあって、アクセスは非常に便利です。鹿児島に暮らす人々は夜中に突然桜島に行きたくなっても簡単に訪れることができるでしょう(笑)

 

なぜ24時間営業なのか。もちろん深夜での一定の利用客が存在するからなのでしょうが、詳しくはわかりません。また聞いておきます。

 

桜島フェリーの時刻表です。

http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/koro-jikoku/timetable.html

 

img_0662

 

そしていざ船に乗ると、桜島はもうすぐそばにあるんですね(笑)

 

img_0665

 

15分の実に短い航路で、そして湾内なので船酔いの心配もありません。とてもイージーなフェリーなのです。

 

img_0672

 

桜島に渡ると、すぐに丘にたてられた神社があります。こちらが神社の展望台から眺めた鹿児島市街。本当に近いです。

 

img_0674

 

桜島に着いたら、温泉に行ってみましょう。こちらは、「桜島マグマ温泉」。火山島である桜島にふさわしい名称です。

 

img_0677

 

展望の良い浴場で、鉄錆のような赤い温泉です。鹿児島を訪れたついでに15分の船旅をして、温泉だけ入ってまた市街に帰るとか良いかも知れません。

 

離島ナビ

http://ritou-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)