今のピースボートに振り込むのは、かなり危険かも知れません。

この記事を書いた人

南野たかし

離島秘境大好きな旅人です。これまで旅してきた全国・海外の離島について紹介していきますので楽しみにご覧ください! 山間地域も好みなので紹介しております。 要は、秘境や田舎が好きということかな。 南島ファンタジー作家「南野たかし」としても活動しています。

コメント ( 2 )
  • 既にエコシップ申込入金したものです。大変参考になりました。
    2022年3回目のエコシップ世界一周で、キャンセルは可能だったのですがやはり36回の分割返金と言われました。約款は十分前もってのキャンセルなので全額一括返金の筈ですが経営上難しいと選択肢が無く納得させられた状況です。驚くばかりの対応です。南野さんのご指摘通りでした。途中で記者が倒産したらどうなるのですかとの質問したらいろいろと救済策は講じる予定だが返金がなされないことも有るとの回答に更に驚きとても不安になりました。
    エコシップは只今、図面の段階でスチールカットすら為されてないそうです。
    つまり、架空の船状態です。その状態でよくも2022年3回の世界一周の早特割の募集ができたなと不思議でなりません。元々2020年に3回世界一周が計画されていたのですから、素人考えですが2019年にはある程度エコシップが出来上がっていてしかるべきでは無かったでしょうか。船の構造上の規定変更が成され遅れたとの情報は有りましたが、全く造船施工着手がなされてない図面だけの計画だったとは知る由も有りませんでした。私共夫婦だけでしょうか。
    長くなりましたが、南野さんの記事で架空の夢世界一周と気づかされキャンセルは申込できました。
    ありがとうございました。

  • 少しは役立てたようで何よりです。今のピースボートにはもう廃業する以外道は無い筈ですが、当人たちは認められないようです。それも組織への愛着もあるでしょうし、仕方のない面もあるのでしょうが、だからといって今のままでよい訳もありません。
    なんとか止めさせられないかと思案していますが、力も無い者でこれくらいしかできません。

コメントを残す