恋が生まれる?日本最北限・礼文島「愛とロマンの8時間コース」を歩こう!!

恋が生まれる?日本最北限・礼文島「愛とロマンの8時間コース」を歩こう!!

こんにちは、ドクターリトーです。

今日は非常に暑いですが、こんな時こそ日本最北の離島、礼文島の話をもう少しばかり書いてみたいと思います。

 

◾️愛とロマンの8時間コース

 

礼文島と言ったら有名なトレッキングコースがあり、その名も「愛とロマンの8時間コース」と言います。

 

何とも夢に溢れた名前なんですが、その日偶々共にコースを歩くことになった人同士が約8時間、山あり谷ありの大冒険の道中の時間を過ごすことで非常に仲良くなり、場合によってはカップルが誕生する(ことも時折ある・・笑)という特徴からついた名前のようです。

 

私が歩いた時は、遥々アメリカからやってきた大学生も一緒で非常に楽しめました。みんな男性でしたが笑

 

この愛とロマンと8時間コースは、ユースホステル桃岩荘がもともと開拓したコースだと聞きます。

 

 

b0342531_22512822
http://yokochin02.exblog.jp

 

ご覧のように、「愛とロマンの8時間コース」は南北に細長い礼文島をほぼ縦断する形になっています。

 

桃岩荘を出ると、島のバスに乗って礼文島の一番北まで一気に移動します。

 

◾️礼文島のアザラシ

 

11066062_1243876360_162large

 

離島の北端に向かう途中、バスの右手には北の海が広がります。

 

上の写真、海の上にパラパラと黒いごまのような点が浮かんでいるのが見えますか?

 

この黒いごまですが、正体はこいつです。

 

o0480036011227682133

 

アザラシです!!  海の浅瀬で休んでいます。結構たくさんいます。

 

海からアザラシの鳴く声はこちらの岸まで届き、バスの中からでも大声で呼びかけると、こちらの方へ向けて頭を上げてくれたりします。アザラシは、結構愛想のいい動物かも知れません。

 

・・・やがてバスは北端に到着します。

 

◾️最北限、スコトン岬

 

11066062_1243876358_72large

 

バスが着くのはここ。スコトン岬にある「最北限のトイレ」の前です。

 

なぜ「最北端」・・・と言わず「最北限」とわざわざ言うのか。

 

それは北海道の宗谷岬が日本の最北端だからですね。スコトン岬は僅かにその南にあります。

 

スコトン岬はもともと最北端と名乗っていたのですが、測量が正確に実施された結果、宗谷岬の方がさらに北にあると分かったのです。

しかし既に最北端と名乗っていて引っ込みがつかなくなったスコトン岬は、「最北限」というきわどい折衷案を採用した訳です。言葉一つにも、歴史があって面白いと思います。

 

トイレの場所から少し歩くと、スコトン岬に行き着きます。

 

11066062_1243876342_94large

 

スコトン岬からさらに北にある島を「トド島」と言います。トドが生息しているからそういう名前になったのかも知れません。

何とも荒涼としたところですよね。最果て感丸出しです。この日本最果ての地から「愛とロマンの8時間コース」はスタートします。

 

◾️雄大な礼文島の自然

 

11066062_1243876305_89large

 

礼文島の大自然の中を歩いていきます。礼文島には高い木があまり見当たりませんが、それは大規模な火災が何回も発生したからだそう。高い木が育つことができないほどに火災に見舞われるとは、凄まじい。

 

 

11066062_1243876255_222large

 

息をのむ迫力のある岩かべ。こんなインパクトのある絶景を眺めながらコースは続いていきます。

 

11066062_1243876249_130large

 

こういった雄大な北の自然の中を歩き続けます。アップダウンも激しく、良い運動になります。

 

しばらく写真のような山側の草原地帯を主に歩くのですが、進んでいくにつれてやがて海際も通るようになります。

 

◾️海際の岩場も歩く

 

11066062_1243876239_174large

 

ゴツゴツとした岩場が広がる荒涼とした景色。その向こうには、日本海が横たわっています。

 

 

11066062_1243876236_55large

 

山側を歩いている時とは、風景が全然違いますね!!

 

このあたりが8時間コースの難所かも知れません。結構歩くのが大変ですから。

 

愛とロマンの8時間コース。難所だからこそ、愛が深まるのかもしれませんが・・・笑

 

◾️桃岩荘のお出迎えも面白い

 

そうしていつしか8時間の徒歩も終盤に近づき、やがて、桃岩荘に着きます。

 

桃岩荘に着く頃には、ちょうど夕日の沈む時間。

 

桃岩荘のスタッフたちがコースを歩いた参加者たちを暖かく迎えてくれ、そしてコースを踏破した参加者を讃えて「夕日の儀式」を歌ってくれます。

 

「ギンギラギラギラ夕日が沈む ギンギンギラギラ日が沈む・・・」

 

これがまた楽しいんですね。一緒に歌いましょう。

 

太陽に感謝を捧げるって、普段絶対にしないと思うんですよ。普段一番お世話になっている存在だと思うので、これを機会に是非感謝の祈りを捧げましょう。

 

◾️愛とロマンの8時間コースに参加してみよう

 

礼文島に島旅に行った際には、是非「愛とロマンの8時間コース」に参加してみてください。

きっと忘れられない思い出になるはずです。一緒に誰かと歩けば、仲間もできますし、ひょっとすると恋も生まれるかも。

 

こちらの記事もご覧ください!! 名物ユースホステル、桃岩荘。

http://ritou-navi.com/?p=123

 

さあ島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)

コメントは受け付けていません。