沖永良部島に流罪になった西郷隆盛 〜「敬天愛人」発祥の島〜

この記事を書いた人

南野たかし(ドクターリトー)

南野たかし(ドクターリトー)

離島大好きドクターリトーです。これまで旅してきた全国の離島について紹介していきますので楽しみにご覧ください! 南島ファンタジー作家「南野たかし」としても活動しています。

コメント ( 4 )
  • 生まれも育ちもかごんま生まれなのに西郷たかもりについてもあまり知らなかったです。戦後は西洋崇拝教育でもありましたしね。戦後の敗北した大人たちは子どもの教育に自信がなかったのです。西洋に40年住み今日本にかえろうとしている時、日本の歴史に接し無知の余り恥ずかしい思いでおります。特に、我が故郷の西郷隆盛などに触れますとその人格の大きさに接し目頭が熱くなります。沖永部には行かないといけません。いい情報ありがとうございます。

  • いえいえ、お役に立つことができて嬉しく思います。沖永良部島は、西郷の他にも鍾乳洞や海など見所が豊富ですので是非行ってみてください。

  • >次の藩主は、久光(ひさみつ)という人でしたが … 
    という記載がありますが、
    島津久光は、藩主島津斉彬の弟、次の藩主島津忠徳の父で、
    久光自身は藩主にはなっていません。
    ただ、当時、実質的には、薩摩藩の最高実力者でした。

  • ご指摘ありがとうございます。薩摩史はそれほど詳しくないのです。

コメントを残す