2016年開催。海と島を舞台にした「瀬戸内国際芸術祭」発進!!


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、2016年に開催される、瀬戸内国際芸術祭について、特集をしてみたいと思います。

 

瀬戸内国際芸術祭とは何か。

 

それは名前の通り、瀬戸内海、とりわけそこに浮かぶ離島を舞台にした、アートのお祭りです。

 

香川県と、一部岡山県の離島が舞台になっています。瀬戸内海を西側と東側と大きく区分けした場合、東側の海域ですね。

 

アートの島として有名な直島や、小豆島のあたりと言うと、分かりやすいでしょうか。

 

admi37

 

瀬戸内国際芸術祭自体は、実は2010年より始まった取り組みで、2016年で三回目の開催になります。3年ごとの開催ですね。

 

2010年の時より、舞台になっている離島の数が増えています。

 

2016年に芸術祭の舞台になる離島は、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春会期)、
本島(秋会期)、高見島(秋会期)、粟島(秋会期)、伊吹島(秋会期)となっているようです。

 

離島の位置に関しては、上の地図を参照ください。

 

犬島と沙弥島は地図に載っていないようですが、犬島は、岡山県近くの離島です。

(犬島の銅精錬所跡の記事があります。こちらの記事をどうぞ)

http://ritou-navi.com/?p=1094

 

沙弥島は現在は埋め立てによって本土と地続きになっていて、瀬戸大橋沿いにあります。

 

開催時期は、以下のようです。

 

春:3月20日(日・春分の日)ー4月17日(日) 29日間
夏:7月18日(月・海の日) ー9月 4日(日) 49日間
秋:10月8日(土)     ー11月6日(日) 30日間
詳しくは、こちらの瀬戸内国際芸術祭、公式HPをご覧ください

http://setouchi-artfest.jp/news/post/3016 

 

私も、2010年ですが、芸術祭に参加したことがありまして、とても面白い取り組みだったこともあり、強い印象が未だに残っています。

 

ちなみに、瀬戸内国際芸術祭は、近頃過疎に悩む瀬戸内海の離島に人を呼んで活性化すること。島起こし的な意味合いも強く持っています。

 

2016年の芸術祭のキーワードは、「海の復権」なのだとか。

 

11066062_808888272_119large

 

こちらは高松港。高松からアクセスできる離島・・・直島、小豆島、豊島、男木島、女木島などは、ここから出発することになります。

 

港から旗が立ててあったりして、気合が入っていました。

 

11066062_808911912_161large

 

高松港を出て、船の上から高松の街並みを眺めると、こんな感じです。

 

静かな海と、遠くに見える美しい街並み。

 

アートだけでなく、この風景も堪能してほしいなーと思います。

 

11066062_808888202_20large

 

こんな楽しい、小屋が作ってあったり(小豆島だったかな)。

 

11066062_808888199_114large

 

お皿を組み合わせて作られた、不思議な雰囲気の置物。

 

11066062_1934996720_63large

 

直島銭湯。こちらは、アートの開催に関わらず、いつでもありますが。

 

11066062_808907503_57large

 

田んぼには、羽のついた、不思議な置物たちが・・(これは豊島のはずです)。このように、島の自然と溶け合ったアートというのも、芸術祭の展示アートの特徴です。

 

 

11066062_808907296_217large

 

人間よりも大きな、巨大なゴミ箱もあります(これは直島)。

 

11066062_808907317_136large

 

直島の地中美術館。こちらは、芸術祭会期中は、芸術祭のチケットを見せればそれで入ることができるので、大変お得でした(普段は2000円)。

 

 

11066062_951355367_203large

 

いい感じのカフェもあります(これは女木島)。

 

とにかく見どころが多いので、是非行ってみてくださいませ。

 

きっと瀬戸内の離島の魅力が分かり、リピーターになること請け合いです。私も是非2016年、どこかの時点で芸術祭に参加しようと思っているので、もしかしたら会場にて出会ってしまうかも知れないですね笑

 

 

IMG_8752

 

2010年時には、このような冊子が渡され、これでアートを鑑賞することができました。アートを見学するとスタンプを押してもらえる、スタンプラリーのようになっていて、それも面白いですよ。

 

 

さあ、島旅に出ましょう!!

ritou-navi.com(離島ナビ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)