絶景!!琉球王族と冊封使だけが入れた、世界遺産・識名園。


 

こんにちは、ドクターリトーです。

 

今回の記事では、沖縄本島の識名園(しきなえん)について扱いたいと思います。

 

識名園は、琉球王国時代に建造された庭園です。

琉球王国には中国から冊封使(さっぽうし)という、国王が帝位につく際に国王就任を認めるために派遣された使節団がよく訪れていました。しかし当初、王国には使節団をもてなすにふさわしい施設がなかったので、そのためにつくられたのが、この識名園なのです。

 

IMG_1536

 

識名園は、世界遺産に指定されています。第二次世界大戦でアメリカ軍に破壊されてしまいましたが、日本復帰後に往時の様子そのままに復元されました。場所は、同じく世界遺産に指定されている首里城からほど近いところにあります。二つセットで観光すると良いかも知れません(私もそうしました)。

 

IMG_1543

 

入り口から中に入っていくと、亜熱帯の植物の生い茂る小道へと至ります。

 

IMG_1540

 

道すがら、小屋もあります。静寂な雰囲気がとても心地よいです。

 

IMG_1556

 

そして、小道を抜けると、急に林もなくなり、広大な庭園が目前に広がります。このコントラストが、とても印象的です。林を抜けると、そこには別世界!!のような感じで。

 

IMG_1550

 

庭園の真ん中には、大きな池があり、そして池のほとりには六角形の建物があります。これは六角堂(ろっかくどう)と言います。

 

IMG_1563

 

六角堂。どことなく中華の香りが漂ってきます。識名園は中国の使節をもてなすために作られたので、中華風の建築が取り入れられているようです。

 

IMG_1557

 

この階段なんかも、いかにも中国っぽい感じがします。

 

IMG_1564

 

しかし広大な池があるのは、日本庭園の影響のようです。日本と中国の庭園文化の折衷されたハイブリッドな庭園が、この識名園なのかも知れません。

 

IMG_1566

 

この木陰からの景色なんて、とても素敵でないでしょうか!

私は京都に住んでいるので、京都の寺にはよく行くのですが、識名園は銀閣寺の御庭とどこか似ている印象を受けたりします。

しかし生えている植物はソテツやガジュマル、アカギだし、南方の雰囲気が庭園全体に広がっていて、やはり沖縄固有の庭園であるに違いありません。赤瓦の屋敷も非常によく映えます。

 

IMG_1571

 

こちらは、勧耕台(かんこうだい)です。首里の街並みが見渡せる、識名園の絶景ポイントです。ここからだと、海が見えません。冊封使が識名園を訪れた際、ここを案内して、「琉球は海がうかがえないほど国土の大きな国である」と、琉球の大きさを印象付けようとしたらしいです。少し涙ぐましいような努力な感じもしますが、沖縄は大きい島であることは確かです。

 

IMG_1576

 

こちらは、池の周囲からは少し離れた、植物園ゾーン(?)。実に様々な種類の亜熱帯の植物があります。名前はわからないですが。

 

IMG_1567

 

 

沖縄旅行の際は、是非とも世界遺産、識名園を訪れてみてください。琉球王国の面影、そして琉球固有の亜熱帯の庭園に心を奪われることと思います。本当の良いところですよ!!

 

離島ナビ

ritou-navi.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)